• ホーム
  • EDを放置すると治療が大変になります

EDを放置すると治療が大変になります

嬉しく笑う男性

高血圧の方は動脈硬化になるリスクも高く、血管拡張のための薬を飲む人もいます。
しかしそれが時にEDを引き起こしてしまい、それを放置してしまうことでいざ治療する際に非常に大変な目を追う可能性もあるため、注意しておく必要があります。
EDの原因にもいくつかありますが、その一つに血行の問題があげられます。
加齢に伴い海綿体にある陰茎動脈に血液が供給されにくくなり、勃起が困難になってしまいます。
また高血圧のためその治療として血圧降下剤を飲んでいるとさらに血管が拡張されることと、心臓からの一回拍出量にも変化が生まれてしまいます。
そのため自然とEDは悪化してしまうと言えます。
EDを放置してしまうと悪化するケースとして、人の体は特定時の状態が続いてしまうことでその応対を維持してしまいます。
そのため慢性的に海綿体にある陰茎動脈に血液が送られていないと、それが自然な状態と体が体質を変えてしまいます。
そのためいざ治療するときに放置した結果悪化してしまっている段階から始まることになる為、非常に苦労することになるケースもあります。
また高血圧の治療とEDの治療は基本的にはおすすめとされていません。
上記のように治療の機序が真逆となってしまっているため、どちらかを選択するとどちらかの治療が遅れてしまうということがあります。
特に動脈硬化に関しては血管への負担もかかってしまいます。
また重症化してしまうと生命への影響も及ぼしてしまうため、選択する際は自然とEDは後回しになってしまいます。
EDにもいくつかありますが、高血圧を併発してしまっている場合、さらに治療が遅れてしまうため海綿体の陰茎動脈に対して血液供給が不足してしまうという結果に至ってしまいます。
また動脈硬化は一部分だけではなく体の至る部分の血管に負担をかけてしまいます。
それは陰茎動脈にも同じことが言えており、負担を蓄積してしまっている可能性もあります。
そのことからも高血圧を治療して動脈硬化を改善していくこともEDを放置してしまわないうえでも重要です。
EDは放置してしまうと次第に悪化してしまいます。
またその治療にも身体へ負担をかけてしまうという可能性も十分にあります。
そのため個人の取り組みでも改善可能な可能性も十分にあります。
ED自体は加齢に加えて生活習慣も起因していることが多いです。
そのため重症化する前にしっかりと個人で取り組み、発症してしまっても早期からの治療が重要と言えます。

EDの放置から動脈硬化になってしまった実例

EDは海綿体の陰茎動脈に血液が十分に供給されないことで引き起こされ、それが継続すると重症化してしまいます。
またその治療にあたり、血液供給を上げる薬を飲むことも効果的ですが、それもせずに放置してしまったことで動脈硬化になってしまったという報告もあります。
血流が悪くなることで自然と陰茎動脈へ送られる血液供給も少なくなっていきます。
それはただのEDではなく、結果として全身に影響を及ぼしてしまっているケースも十分に考えられます。
そのためそのまま放置しておくことで動脈硬化を引き起こしてしまうということが報告されています。
そのケースの場合、血流の原因は運動不足と食生活が大きく影響しています。
そのためその二つを改善することで、自然と動脈硬化は改善されていき、それに付随してEDにも改善の効果を示してくれるという結果に至っています。
EDはただ性交渉の時に勃起しないことが問題ではなく、それを放置してしまうことで動脈硬化につながってしまうという危険性も十分に上げられます。
そのため早期より適切な治療と対策を取りつつ、健康的な体を維持していくことが大切です。
またEDを改善するうえでも健康的な体は必要と言えます。

関連記事
人気記事一覧