• ホーム
  • ED対策には食事を改善するのも手段

ED対策には食事を改善するのも手段

勃起したいのにできなかったり、すぐに折れてしまったり持続力がなくて悩んでいる男性は意外と多く、最近は若い人でもED障害を持つ人が増えています。
対策をしたくてもクリニックを受診するのは恥ずかしいし周囲に知られるのが嫌で、薬を使うのも抵抗があるというなら食事を見直すことでED対策をする方法があります。
勃起できない原因の多くは精神的なものだったり、慢性疲労や栄養不足が関係しています。
普段のメニューに精力をつけるための栄養素がたっぷり入った食材を取り入れれば薬に頼らなくても自然の力で精力を回復する効果が期待できます。
男性におすすめの栄養素には亜鉛、タウリン、GHEAなど特殊なミネラルやビタミンがあり、男性ホルモンの分泌を促したり血行をよくして勃起をサポートしたり、慢性疲労を克服して体力をつけるなどの効能があります。
具体的な食材は、滋養強壮によいと言われている牡蠣やうなぎ、レバー、にんにくなどが使いやすくて便利です。
牡蠣にはアミノ酸やビタミン、亜鉛を含むミネラル類、タウリンがたっぷり入っているので特におすすめです。
うなぎやレバーも精力剤には必須の食材で、良質なビタミンとミネラルがたくさん含まれていて毎日の食事に応用しやすいのがメリットです。
GHEAは山芋に多く含まれている栄養素なので、牡蠣やうなぎ、にんにくなどと一緒に合わせて食べると効率よく摂取できます。
外食をするときにもED対策を意識して牡蠣鍋やレバー炒め、うなぎのかば焼きなどを選ぶと亜鉛やタウリンをしっかり補給することが可能です。
家で食べるときもにんにくを多めに使った料理をしたり、食事のとき妻にレバーや牡蠣をリクエストしてメニューを作ってもらうなどちょっとした工夫で体質改善に取り組めます。
ED対策のための食事は同時に滋養強壮や体力作り、免疫強化などの効果が得られるものばかりなので、全体的な健康対策にもなります。
補えない部分は亜鉛やタウリンの入ったサプリメントを使うのも有効で、毎日簡単に続けられます。
脂っこい肉料理や野菜が少ない食生活をしていると精力も低下してしまい、不健康な体になって勃起に影響を及ぼすこともあるので普段からビタミンやミネラルを意識した食事を心がけるようにしましょう。
有効な食材を上手に使えば特殊な治療を受けなくても自然に回復できるケースもあるので、健康な体作りを兼ねて毎日の食事を見直してみるのがおすすめです。

EDに効くおすすめのレシピの紹介

EDを克服するためにおすすめのレシピは、効果のある栄養素が入った食品を組み合わせて使う料理です。
特に男性ホルモンの分泌を補強する効果を持つGHEAはED対策に有効なので、たくさん含まれている山芋をメニューに取り入れるのがおすすめです。
山芋はさまざまな食材と相性がいいので、うなぎと合わせて丼にしたり、にんにくを刻んで入れたりすると美味しく食べられます。
牡蠣は鍋にするとたっぷり食べられて、一緒にニラやネギなど栄養のある野菜を煮込んで食べられるメリットがあります。
薬味には唐辛子やショウガ、にんにくを使えば更に滋養強壮の効果がアップするので体が温まり、細胞が活性化されて血液の流れもよくなります。
にんにくとレバーの炒め物やレバーの煮込みなどもおすすめで、材料を全部まとめて炒めたり煮たりするだけで簡単に作れます。
作り置きにも便利なのでたくさん煮込んで冷蔵庫に入れておけばごはんのおかずやお酒のつまみなどに活用できます。
調味料は砂糖と醤油、酒などを自分で調合するか、面倒なら市販の焼肉のタレなどを活用して作ることもできます。
手間をかけずにビタミンやミネラルを摂取したいなら市販のうなぎやレバー煮込みを活用したり、山芋をすりおろして卵を加えて飲むだけの簡単レシピでも効果が得られるので試してみましょう。

関連記事